アロマテラピー、その他気まぐれヒーリング


by AROMARIAN
カレンダー
S M T W T F S
1 2 3 4 5 6
7 8 9 10 11 12 13
14 15 16 17 18 19 20
21 22 23 24 25 26 27
28 29 30 31

なつかしのメイプル

 MARIANのイケナイ癖。It's impulse buying! つまり衝動買い。ストレスが溜まるとMARIANは衝動買いに走ってしまう。といっても、最近は便利なもので、20個買ったって¥2100ですむ100円ショップというものがある。以前働いていた居酒屋の常連さんが「きのう衝動買いで30万のテレビ買っちゃった!」な~んて言っていたことがある。MARIANにはあり得ない・・・

 最近、精油でのアロマではなく、お香でのアロマをよくする。お香のほうが、香りが拡散しやすくて手っ取り早いからだ。リビングとキッチンがつながって16畳であるMARIANの家では、精油でのアロマを楽しむにはチト広すぎる。1Fには7畳の部屋があるけど、この時期寒くていられない・・・3Fの寝室でやるのもいかがなものか・・・

 今日は目をひくお香があった!こんなやつ!c0050801_17583885.jpg コレは蚊取り線香じゃないのか?って思った方、違います!これはうずまき型のお香です。以前にも購入したけど、今回目をひいたのは、香り!これはメイプルの香り!つまり楓です。メイプルと聞くと、MARIANは青春時代を思い出すのだ!

 メイプルで思い浮かぶのはシロップかな、普通は。でもMARIANは7年やっていたドラムを思い出すのだ。

 ドラムのスティックには、ヒッコリー・オーク・メイプルがある。MARIANはヒッコリーが好きで、メイプルはめったに買わなかったけど、スネアドラム(ドラムセットの前に座った時に、イチバン手前にあるやつ)はメイプルシェルなのだ!そこで、久しぶりに物置からスネアを引っ張り出してみた。c0050801_1865710.jpgこんなのです。メイプルスネアはスチールスネアより若干暖かい音がして、好きなのです。しかし、ドラムをやめてから早や8年。マイスネアはすっかりサビてしまっています。コレ、ヘッドを張り替えてもまともな音するのかなぁ。もう無用の長物かなぁ。ちなみにスネアサイド(スネアの底面のヘッド)は破れておりました・・・

 そうそう、忘れていました。上に載せたメイプルのうずまきお香、何とも言えないいい香りがします!お香って結構キツイ香りがするけど、このメイプルのお香、なかなかナチュラルな感じで、イケてます!

 あぁ、いい香り。癒されるわ~。
 
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-03-12 18:16 | アロマテラピー

てらごこふやとみ

 前回、京都の東西の通りを唄った「まるたけえびす」をご紹介しました。片方だけではなんなので、今回は南北の通りを唄った「寺御幸のわらべうた」をご紹介。

 これはラジオが好きな京都人なら聞いたことがあるかもしれません。私はラジオが嫌いなので最近まで知らなかったけど、京都銀行のCMで使われています。

 現在、京都の街には若者で賑わう河原町通り(かわらまち)がありますが、この通りは昔はその名の通りただの川原だったらしく、この唄はそのすぐ西、寺町通りから始まります。

  てら ごこ ふや とみ やなぎ さかい 
  たか あい ひがし くるまやちょう 
  からす りょうがえ むろ ころも
  しんまち かまんざ にし おがわ
  あぶら さめがいで ほりかわのみず
  よしや いの くろ おおみやへ
  まつ ひぐらしに ちえこういん
  じょうふく せんぼん さてはにしじん

 この詳細は京都銀行のHPを見てもらえばわかるんだけど、「からす りょうがえ むろ ころも」の「ころも」、つまり衣棚通り(ころものだな)だけがなぜかない・・・なんでだろう?

 ちなみに、「あぶら さめがいで」の醒ヶ井通り(さめがい)だけは、現在なくなっております。

 京都に旅行にきた時には、河原町・烏丸(からすま)・堀川(ほりかわ)・大宮(おおみや)・千本(せんぼん)と、大きい通りを覚えていればOKでしょう。後は細い通りです。

 昔から住んでいる私は何とも思わないけど、京都に憧れを持っている人は全国にかなりいるらしい。わらべうたや、言い伝えなど、京都にはいろんな不思議があるようです。
 
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-03-06 15:40 | 京都気まぐれお散歩

まるたけえびす

 『名探偵コナン』。MARIANは大好きである。劇場版の確か『迷宮の十字路』だったかな、ある日コレを家でのんびりと見ていたら、なんだか聞いたことのある歌が流れてきた。

 ♪まる たけ えびす に おし おいけ~  
      あね さん ろっかく たこ にしき~♪

 この歌はいったい何?これは京都の南北の通りを歌ったわらべうたである。京都の街は碁盤の目のように東西と南北の通りが交差している。方向感覚のある人には便利な街だけど、方向オンチの人にとっては、「どこを見ても十字路で、区別がつかな~い」と悩みのタネらしい。そこでこのわらべうた!京都には御所がある。御所は確か丸太町通と今出川通の間にあったはず。その御所から南に向かって下がって行くと、このようになる。

    まる たけ えびす に おし おいけ  
    あね さん ろっかく たこ にしき
    し あや ぶっ たか まつ まん ごじょう
    せった ちゃらちゃら うおのたな
    ろくじょう ひっちょう とおりすぎ
    はっちょう こえれば とうじみち
    くじょう おおじで とどめさす

 これは、最初から順番に、丸太町・竹屋町・夷川・二条・押小路・御池と南北の通りを略したもので、姉小路・三条・六角・蛸薬師・錦小路と続き、四条・綾小路・仏光寺・高辻・松原・万寿寺・五条となる。そして雪駄町・鍵屋町・銭屋町・魚の棚町と進み、六条・七条・八条・東寺道・九条で終わる歌である。
 ただし、雪駄町通は今はないらしく、楊梅通に改名されていて、ちゃらちゃらの二つ目に当たる銭屋町通は現在的場通、魚の棚町通は現在六条通になっているらしい。でもそれだと六条通が二つあることになるよね?おかしいなぁ・・・

 しかもこれは名探偵コナンで歌われたバージョンで、京都で馴染みになっている別のバージョンもある。う~ん、奥深いなぁ。

 確かに京都の街はどこも十字路で、角の建物を覚えてない人には「どこ?」って感じなんだろうねぇ。ちなみにこの歌は丸竹夷という題名で、参考にメロディーを聴いてみて下さい。

 京都観光にくる方々、この歌をマスターして、歌いながら京都の街を探索してみてはいかがでしょうか。

 ついでに、『名探偵コナン 迷宮の十字路(クロスロード)』も見て頂くと、より一層京都に親近感が沸くことと思いますよ~!
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-27 02:46 | 京都気まぐれお散歩

花の中の花

 最近色々と落ち込む事が多いMARIAN。主に仕事でストレスが・・・やる気が起きず、ダラダラする毎日。ブログの記事もなかなか内容が決まらない。そんな時こそアロマテラピーだっ!

 さっそくMARIANはオイルバーナーをテーブルに用意。イライラする時にいい香りは何かな~、と考える。アロマテラピーの精油には色々な効能があるけど、効能にとらわれず、好きな香りを選ぶのも方法だと思う。なので、いくつかある好きな香りから、イライラに効果があって、なおかつ好きな香りであるコレをチョイス!

 花っぽくないこの花、名前はイランイランと言います。

c0050801_2462031.jpg 東南アジアが原産のようで、「イランイランノキ」は高さが20~30mになるとか。どんな香りかというと、フローラル系ですが、ジャスミンより重い感じです。MARIANは好きなのですが、甘くて重い香りなので人によってかなり好みが分かれます。「アロマをやってみたい!」と言った友人にイランイランを勧めたところ、「私には合わなかったわ・・・」と言われてしまいました。

 ジャスミンと共通して、甘い香りのフローラル系は催淫効果があるようで、インドネシアでは新婚カップルのベッドにイランイランの花をまくとか。ロマンチックな習慣ですね~。ちなみに「イランイラン」とは「花の中の花」という意味のマレー語。

 イランイランの花は手作業で摘み取られるそうですが、20~30mもある木から手作業で??う~ん、大変なお仕事かも・・・

 イランイランの精油の効能は、ダジャレじゃなくてイライラに効果があります。他に、過呼吸・早い心拍を戻す効果もあります。発作が始まる前に吸引するといいらしいです。その他、肌や髪にもいいそうで、19世紀のインドネシア・マルク島では、ココナッツオイルと混ぜた「ブーリブーリ」というポマードを髪や肌に塗ったそうです。

 ただ、かなり濃厚な香りがするため、高濃度で使用すると、頭痛や吐き気を催す恐れがあります。MARIANオススメですが、分量にはご注意を・・・・
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-25 03:13 | アロマテラピー

夜の女王

 最近は便利なもので、いろんな物が¥105で手に入る。「くだらな~い」と思う物から、「こんな物がこの値段でいいの?」と思う物まで様々ですね~。この前MARIANは100円ショップでこれを購入した。
c0050801_0423367.jpg これはハーバル・インセンス、つまりお香。お香が20個入り、香炉も¥105。これは何とお手軽アロマテラピー!数種類購入したけど、写真のインセンスはジャスミンの香り。ジャスミンと言えば、入浴剤などでもお馴染みで、日本人はよく知ってる香りかな?MARIANもジャスミンの香りが大好き!今日はジャスミンについて、お勉強をしてみようっと!

c0050801_0511831.jpg ジャスミンはとっても官能的なフローラル系の香り。フランスの香水製造業界では欠かせない花で、高価な香水の原料によく使われているそうです。ちなみにジャスミンの精油は抽出にすごく手間がかかり、しかもごくわずかしか採れないため、とても高価です。

 ジャスミンは、ハーブティーにしてもよろしいようです。インドや中国ではよく飲まれているようで、リラックス効果・精神高揚効果の他に女性特有の機能にも効果があります。また、紅茶やウーロン茶と相性がいいです。

 ジャスミンの精油は、有機溶剤抽出法といって、抽出する際にヘキサン・石油エーテルなどの揮発性溶剤を使用するため、最終的にこの溶剤が少し残るため、アブソリュートと呼ばれます。

 ジャスミンアブソリュートは、女性特有のPMS(月経前症候群)などに効果があり、出産を軽くする効果もあるそうです。咳には蒸気吸入がよいです。スキンケアにも効果的。捻挫・痙攣の場合にはマッサージをしてみるとよいです。ただし、敏感肌の方は注意して下さいね。
 
 最後に、「どうしてこの記事の題名は“夜の女王”なの?」と思った方に・・・ジャスミンの花は夜に香りが強くなるので、インドではそう呼ばれているのです。おわかりでしょうか?
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-20 02:01 | アロマテラピー

久々のお花見

 きのう12日はあいにくの曇り空だったけど、MARIANはお花見に行ってきました。場所は北野天満宮。菅原道真ゆかりの神社ですね~。ここ北野天満宮は梅が有名。今年の京都は寒いために開花が遅く、まだ5部咲きだったけど、なかなかのものでした。

c0050801_23355654.jpg 結構な参拝客で、賑やかだった。「日本人って、お花見が好きねぇ。」なーんて思ったMARIANであった。


c0050801_23395175.jpg で、どんな梅だったかと言うと、こんな感じ。白梅も紅梅もとってもきれいだった!顔を近づけると、ほのかにいい香りがして、「あ~、アロマテラピーね~」なんてウットリ気分。
c0050801_23444091.jpg 途中、わずかに椿が咲き残っていて、「あっ、ラッキー!」でした。椿を見に行くのをこの冬は忘れていたのだ! 
 
c0050801_2354730.jpg そして、途中、思わず撮ったのがコレ!見えるかなぁ。これは百人一首の24番、菅家の歌。ご存知の方も多いと思うけど、菅家とは、菅原道真の別名。道真が左遷先の大宰府で没後、京都には天災が続き、道真のたたりと恐れられ、霊を慰めるために建てられたのが北野天満宮だそうで。 ~このたびは 幣もとりあへず 手向山 紅葉の錦 神のまにまに~ この歌知ってる人多いですよね。解釈としては、「この度のこの旅はあわただしく、捧げ物の幣が用意できなかった。手向山の神様、美しくこの見事な紅葉の錦を、どうか私の捧げ物として、御心のままにお受け取り下さい。」と言った感じです。MARIANは百人一首好きなんです。

c0050801_09194.jpgこんな感じで梅苑は広がっています。間近で見ると、紅梅はもう少し赤いんですが、写真ではピンクっぽくなってますね。
c0050801_072373.jpg この梅苑は入場料が大人500円、子供250円。中にあるお茶屋さんで券を渡すと、お菓子を一つと粉末の梅のお茶を出してくれる。お茶は梅こぶ茶みたいな味でした。梅を見ながら梅のお茶を飲む。それもまた風流なり。

 この梅苑は3月になっても公開されています。いや、そうだったはず。あと2~3週間すれば満開かなぁ。是非是非、北野天満宮に足を運んで下さいませ。
 
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-13 00:23 | 京都気まぐれお散歩

現実逃避

 MARIANはストレスが溜まると、現実逃避によく入り込む。そしてよく眺めるのがパリの建造物の写真やサイト。
 c0050801_2543211.jpg
 MARIANは大学ではフランス文化を専攻していた。そして大学4回生の時、パリに飛んだのである。以前、プロフィールにも書いたけど、クマさんの下にもあるこの写真はパリのモンマルトル地方にある、サクレクール寺院。このサクレクールの横にはテルトル広という、絵描きさんが集合している広場がある。この一帯は私にとって一生忘れられない思い出の地である。
 
 MARIANには絵心という物が全くなく、絵を描く事には全く興味がない。しかし、モンマルトル地方のこの一帯、メトロでいうとアンヴェール駅だったかなぁ、ここには不思議な空気が流れているのが感じ取れる。アンヴェール駅で下車し、曲がりくねった上り坂をテクテク行くと、眼前に少しずつこの白い荘厳な建物が見えてくる。その何と感動的な風景!そして、その横に絵描きさん達でにぎわう公園。ここでMARIANは若い絵描きさんに似顔絵を書いてもらった。普通なら、書いてもらおうなんて思ったりしないのに、ここの空気は「今書いてもらわずに日本に帰ったら後悔するっ!」と思わせる空気があった。しかもその絵描きさんは、すっごく背が高く、吸い込まれそうな瞳で、倒れそうなぐらい男前!思わず滞在中3回も通ってしまった・・・

 こうして写真を眺めては「ここ、行ったよなぁ」とか、「あの日はあんなことがあったよなぁ、楽しかったよなぁ」「日本に帰ってきたくなかったよなぁ」なんて思い出に浸って癒されるのであった・・・決して今すぐにパリに行けない、という現実は考えないように、思い出だけを浮かべて癒されるMARIANであった。
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-12 03:26 | 気まぐれヒーリング
 今日、仕事から帰ってくると、私宛てに郵便物が届いていた。差出人はAAJ。AAJとは?これは、日本アロマテラピー協会、 AROMATHERAPY ASSOCIATION OF JAPAN の略。そんな協会あるんだ~、と思った方、あるんですよ~。何だろう?と思って開封してみると、これが入っていた。
c0050801_71143.jpg 「あっ、そうか。もう次の検定の時期なんだ~」と思いつつ、チラッと読んでみた。アロマテラピーには検定があるのだ!1級と2級があって、1級に合格後、講習を受けると、アロマテラピーアドバイザーの資格がもらえます。アロマを少しかじっただけとは言え、MARIANは2級には合格しているのです。受験したのが前回で、去年の11月。ドキドキしながら大阪まで受けに行きましたよ~。2級はわりと合格率高いみたいです。興味のある方、受けてみてね。次回は5月15日です!

 でも、どうやって勉強すればいいの?どんな問題が出るの?そんな方にはAAJから問題集が出ています。
c0050801_7201730.jpg
 アロマの歴史や精油の効能、各精油の抽出部位や抽出方法、学名などが出題されます。香りのテストもあるんです!ちなみに私は1問間違えた・・・2級で出題される精油は、有名なものだとラベンダー・レモン・ユーカリ・ペパーミント・ジュニパーなどです。「ジュニパーって知らな~い」という意見が聞こえてきそうな・・・お酒のジンの香り付けに使用されているのがジュニパーですね~。

 大学を卒業して早や数年たち、試験に縁のなかったMARIANにとって、この検定は新鮮なものでした。資格に関係なく、アロマを学んでみるのもいいもんですよ!
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-07 22:44 | アロマテラピー
 初ブログに少し書きましたが、プロフィールを載せておきます。

名前:  MARIAN or  AROMARIAN
出身:  京都出身、京都在住
年齢:  若いのか?若くないのか?微妙な年頃
趣味:  アロマテラピー・編み物・RPG・カラオケ
      学生時代ドラムを7年ほどやっていました
      編み物歴は約20年

好きな外国: 何といってもフランス。でも1度しか行った
         ことはありません。ちなみに、くまさんの下
         の写真はパリ、モンマルトル地方のサクレ
         クール寺院です。
行きたい外国:フランスは何度でも行きたいですが、詳し
          くは知らないけどルーマニアにも行って
          みたいです。どうしてかって?それは・・・

名前の由来: MARIAN と聞くと、女性の名前だと思う
         人がほとんどのはず。でもこれは私の大
         好きな男性の名前。2004年アテネオリン
         ピックの体操競技でメダルを3つ獲得し
         た、ルーマニアのマリアン・ドラグレスク選
         手から来ています。
        
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-06 04:55 | プロフィール
 アロマテラピー。私の趣味である。と言っても、少しかじった程度で、まだあまり知識はない。そもそも、どうしてアロマテラピーをかじったか?それは至って簡単だ。
おっしゃれ~☆」って思ったから。

 2004年3月。私は法務局に赴いた。自宅からは少し距離があり、バスを2本乗り継いでやっと到着。用事を済ませ、「さぁ、帰ろう」と思ったけど、せっかく繁華街に出てきたことだし、ちょっと寄り道!と思い、ゼスト御池へ。申し遅れましたが、MARIANは京都在住なのです。ゼスト御池は地下鉄御池駅にある地下街。「確かアロマの店があったような・・・」と思いながらブラブラしてみると、やっぱり発見!そこにはBlue Leafというアロマのお店がありました。

 店で商品を見ながら店員さんとおしゃべり。MARIANはついつい店員さんとしゃべる癖があるのです。そこで目にしたのがコレ。
c0050801_432087.jpg

 中途半端に黄色いカーテンが写っちゃってゴメンナサイ。デジカメ超初心者なのです。これは何か?そう、アロマライトです。上のくぼんだ部分にお水を入れて精油を数滴たらし、コンセントを差し込む。そうすると全体が熱くなってきて、香りが部屋に拡散される。しかもこのアロマライト、明るさ調節機能付きで、なかなかのスグレモノ。「あ~、無駄遣いかなぁ」と思いつつ、興味あった事だったし、お買い上げ~!精油も色々と嗅いでみて、違和感なく楽しめるレモンを購入。

 香りには人の好みが色々あるけど、柑橘系の香りが嫌いと言う人は聞いたことがない。これから始めようと思ってる人には、ラベンダーか柑橘系がオススメ。

 こうしてMARIANのアロマ人生は始まったのであった・・・・・
[PR]
# by AROMARIAN | 2005-02-06 04:26 | アロマテラピー